WordPressで好きなだけ改行を入れる方法

 

a0001_003880_m

WordPressって、文章を書いているときに何回改行しても何個<br>を書いても投稿したら1行しか改行されません。

機械相手のSEO的にはそっちの方が良いらしいのですが、人間が見やすくするためにどうしても余分に改行したい場合があります。そんな時に使える技を書いておきます。

WordPressで改行する方法3つ

1・プラグインを使う

かゆいところに手の届くWorsPressのプラグイン。
思い通りに改行できるようになるものもありました。
brBRbr」というプラグインです。

文章を書いているとき、改行したらしただけ<br>を入れてくれて余白ができます。
私も以前使っていたのですが、前述したSEO的な事と、ソースを見たら<br>がやたらとたくさんあるのがなんとなく嫌で使うのをやめました。

でも、とても便利なプラグインです。
利用してみる方はWordPressプラグインのインストール方法を参考にしてみてください。

2・自力で<br>を認識させる

上記のbrBRbrプラグインのような事を自分でやる方法です。

文章を書くとき、<br>だけをいくら書いてもWordPressは無かったことにしてしまいます。そこで、<br>の後&nbsp;を書いて文字があるよとアピールします。

<br>&nbsp;
<br>&nbsp;
<br>&nbsp;

こんな風に。改行したい分だけ書きましょう。
&nbsp;は空白を表すコードなので、これを書いても人の目には何も見えません。

ただこれも、1・プラグインを使うと同じように<br>が連続してしまうので使っていません。

3・スタイルシートで余白を指定する

記事を書いているとき、この下に余白を入れたいという場所にスタイルシートで直接指定する方法です。
私はこれを使っています。

<p style=”margin-bottom: 5em;”>「この行の下が空白になるよ」</p>

こう書くと、

「この行の下が空白になるよ」

このようになります。
5emの数字を変えると幅を変えられます。1emで一文字分です。5emは5文字分。3emにすると、

「この行の下は3em分空白になるよ」

こんな感じです。
この方法は見た目もすっきり、SEO的にもすっきり、ソースもすっきりで3すっきりです。

でもいちいち手書きでこんなことできないので、Add Quicktagで記事投稿を便利にする方法を使ってボタンひとつでタグが出るようにしています。本当に便利です。

emの前の数字を変えてお試しください。
思い切って10とか20とか!?
その場合、スマートフォンだと余白が空きすぎたりするのかな?うーん、難しい。

おつかれさまでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。