Add Quicktagで記事投稿を便利にする方法

   2014/06/16

a0001_013635_m

WordPressで記事を書くとき、「クイックタグ」という便利なものが上についています。

addquicktag7

ボタンを押すだけで決まったタグが挿入されるという優れものです。
でも、デフォルトのこれだけではちょっと足りないです。

自分が良く使うタグも登録したい。
毎回使うような定型文やリンクや画像なども
ワンクリックで挿入されるようにしたい。

という時に便利なプラグインがAdd Quicktagです。

Add Quicktagは、ビジュアルエディタではなく、テキストモードで使いましょう。

Add Quicktagプラグインのダウンロード

管理画面左メニューの プラグイン>新規追加 を開きます。

addquicktag1

検索窓にAdd Quicktagを入力し、プラグインの検索ボタンを押します。

addquicktag2

すると何点か候補が挙がりますので、Add Quicktagを見つけ、今すぐインストールを押します。

addquicktag3

インストールが完了したら、プラグインを有効化を押します。

addquicktag4

管理画面左メニューの 設定>Add Quicktag を開きます。

addquicktag5

タグを登録する画面が出るので、好きなものを記入します。

ボタン名:記事入力エリアの上に並ぶボタンに表示される名前を書きます。分かりやすい名前にしましょう。(例:h2)

開始タグ:開始タグを書きます。また、定型文など終了タグが無いものもここに書くことができます。その場合終了タグの所には何も書きません。(例:<h2>)

終了タグ:終了タグを書きます。(例:</h2>)

複数のタグを一度に使う場合、まとめて登録することもできます。
例えば、
開始タグ <big><strong><font color=”red”>
終了タグ </font></strong></big>
など。

addquicktag6

一番右のチェックマークをチェックし、下のほうにある変更を保存ボタンを押します。
ひとつ登録するごとに押す必要があります。

addquicktag8

記事投稿画面に行くと、タグが追加されています。

使いこなせば記事を書くのがとても楽になります。
是非活用しましょう。
おつかれさまでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。