404エラーのページをお手軽に編集する方法

 

URA83_kaigannokai20120908500

移動したり消したりしたページにアクセスすると、404エラーが表示されます。
「そのURLの記事は無いですよ」というお知らせです。

特にこのサイトは一度データをふっ飛ばしてしまっているため、前は存在したURLが今はもう無い状態です。

しかし、以前の記事をご紹介くださっていた方のサイトなどから、アクセスしてくださる方がたまにいるようです。

それなのに、
「記事がありません」
とだけ書かれたページが表示されることが申し訳ないというか、自分だったらきっとなんなのヽ(`Д´)ノと思うので、ちょっと手を加えることにしました。

404エラーのページはどのファイル?

そのまま、404.phpというファイルが404エラーのページになります。
404.phpが存在しない場合、index.phpで代用されます。

404.phpがあるテンプレートの場合そのファイルを編集します。
私が現在使用しているGushは404.phpがありません。もちろん作ることもできますが、今回はindex.phpを編集して対応します。
もしかして将来404.phpが追加されることもあるかもしれませんね。

テンプレートを編集する

Gushのテンプレートで説明します。

index.phpを開くと、以下のタグがあります。

<?php endwhile; else: ?>
<p>記事がありません</p>
<?php endif; ?>

このタグの意味はざっくり言うと、指定されたものが見つからない場合これを表示します。といったところです。なので、404エラーのページに利用できます。

これが表示されるとこうなります。

404error1

<p>記事がありません</p>の部分を変更します。

<?php endwhile; else: ?>
<img src="画像URL" width="横幅" height="縦幅" alt="画像の名前" />
<p>データが飛んでしまい、以前の記事は消失してしまいました。<br>
大変申し訳ありません。</p>
<p>新しく書いた記事に似たような内容があるかもしれません。<br>
お手数をおかけしますが、検索やメニューなどからお探しください。</p>
<?php get_search_form(); ?>
<?php endif; ?>

文はこのサイトの場合なのでお好きなものに変更してください。

<?php get_search_form(); ?>

は検索窓を設置するタグです。付けておくとちょっと親切です。
そして画像を付ける事で怒る気持ちを抑えてもらおうという魂胆・・・。

保存して更新します。

こうなりました。

404error2

こんな可愛い子猫が出てきたら許さざるを得ないっ・・・!

今回はお手軽にカスタマイズするためにすでに存在するindex.phpを利用しましたが、本当は404.phpを作ったほうがいいのかもしれませんね。

オリジナルの404エラーのページを作ってみてください。
おつかれさまでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。